Sakura Flamenca
Sakuraのフラメンコライフ徒然

スポンサーサイト                 

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : - : -
真夏の夜のフラメンコライブと写真展                 
太陽のようなアレグリアス。
クルシージョでお世話になってる萩原淳子先生のフラメンコは、さらにさらにパワーアップしていた。
さほど広いホールではない。観客40名ほどのレアなほどこぢんまりとした明大前のキッドアイラック・アート・ホールで、鮮やかなイエローオレンジの光をまとって、太陽の女神が舞った。
上半身は柔らかく軽やかでありながら、下半身は確実な重さで大地を打ちつける。その音に導かれる快感。
エル・プラテアオの激しくも楽しげなカンテと、エミリオ・マジャの金色に煌めくギターが、聴衆をまだ知らぬ灼熱の炎の世界へといざなう。そこに力強い足腰から繰り出されるサパテアードが次々に重なって、世界は一気に燃え上がる。
パラパラパラ。火の粉が舞い散っている。私は眩しく天を見上げる。火の粉のように見えたものは太陽の光の粒で、その光を操っているのは一人の踊り子だった。
彼女は人間。しっかりと大地を踏みならし、ときにその輝く笑顔で男を誘惑し、みずからの裡にあふれる音楽で運命の扉をこじ開け、未来への翼を限りなく大きく広げる人間! 人間こそが自由! 自由の代償は大きいけど、だからこそ自由でいたい、人間…!!
同じステージを観た友人は、これまで観たアレグリアスの中で一番印象に残ったと話していた。
私はあの光の中にいられて幸福だった。暑い夏だけど、そういうしにそーな暑さではなくて、内側からあふれ出す暖かさに守られているような錯覚を覚えた。
オリンピックの聖火にも匹敵する、キラキラな夏のフラメンコ。
鏡を使っての前後の演出もおもしろかった。踊り手の表と裏を垣間見るような。
最後には、鏡は客席を映し出して、観客の姿が舞台空間に晒されるのことになる。
観られているのはどっち?
鏡を使った今回のアントニオ・ペレスの写真展のテーマとのつながりも興味深い。
またあの空間に身を置きたいと願いつつ、熱い夜を後にした。

萩原淳子さんHP LaYunko

JUGEMテーマ:フラメンコ

フラメンコ : - : -
ニューイヤーオペラコンサート                 
2015年開始。
新春恒例のNHKニューイヤーオペラコンサートを録画で観てたら、バックがフラメンコでした。
佐藤浩希さん振付。
年末年始は実家でゆったりと過ごさせてもらっていたから、なんだか目の覚める思いでした。

今年もフラメンコ!
体幹鍛えなきゃ!!
と、TVの前でストレッチとかブラッソ回しとか始めた私。

それにしても、森麻季さんのソプラノは素晴らしいなあ!
声にドラマがあるのよね。
他にも、道化師歌った村上敏明さんとか、あいかわらず可愛らしいお姫様みたいな幸田浩子さんとか、素敵な歌声をたっぷり聴かせてもらえて良かったです。

ほんとは小倉の占部先生のとこのレッスンに行きたかったけど、今回サパトスを東京に忘れてきてしまって断念。
しっかし、参加させてもらったグラシアの忘年会は凄かった。
あのクラス、ぜったいラテンの血が入ってる…!(笑)

フラメンコはどこにいても感じていられる。
血や肉になってるな〜。
フラメンコ : - : -
GOEMONはフラメンコ                 
なんと、大阪松竹座にかかってる歌舞伎『GOEMON』はフラメンコらしい…!
この記事参照。

愛之助さんと翼っちゃーがフラメンコ!!!
はう。
大阪行きたかった…! ぜんぜんむりだけど!Y(>_<、)Y
フラメンコ : - : -
曲への理解                 
曲。
もう少し深く曲を知りたい。
なりたち、歴史、積み重なり、歌の葉。
ティエント

 
フラメンコ : - : -
第23回新人公演「フラメンコ・ルネサンス21」                 
仕事のスケジュールがどうにも押しまくる中、友人との約束もあり、なんとか抜け出して新人公演最終日へ。
美貌のフラメンカKちゃんが私の分まで席を取っておいてくれて、前から二列目とゆー好位置で観ることができました! 超感謝!
まぁ前過ぎるとステージ見上げちゃって大変かな〜とも一瞬思ったんだけど、これが、去年よりぜんぜん楽でした! なんか舞台を見上げるもんで、逆に首とか姿勢とか良くしていられて、楽になってた感じ。ついでに、去年腰(とゆーかおしり。座りっぱなしなんだもん…)がつらかったのを覚えてた私は、クッションも持ってって大正解。

北九州での私の師匠・占部智恵先生がカンテ部門に出てらしたご縁で、今年も行かせてもらった第23回新人公演「フラメンコ・ルネサンス21」。新人公演と名がついていても、まったく新人のための公演じゃありません。これはプロのための年に一度のショー、お披露目ステージ。出てくるのは錚錚たる面子ばかり。
 
今年の新人公演は、スペインのカンテ・デ・ラス・ミナスコンクール日本予選会も兼ねてるってことで、他にも綺羅星のやうなスター選手の声が聴けて素敵でした!
永潟三貴生さんのカルタヘネーラ、そしてバイレ部門のバックでのソレア2曲、も〜〜〜、久々にめっちゃ堪能しましたよ〜〜。あいかわらずロッカーみたいにかっこよい伸びるお声。そして大好きなエミリオ・マヤさんのきらきらしたギターにも浸らされてきました!

占部智恵先生は今年はシギリージャ。登場のときからゴールドのマントンシージョがなんとも華やかに照明に映えて、美女登場って感じでした! 良かったです。選曲もとても似合ってらしたし、これからもますます期待です!

バイレ部門は去年のほうが迫力あったかな? 今年の最終日のバイレ部門ベストは、なんといっても川島桂子さん(カンテ)、エミリオ・マヤ(ギター)、重盛薫子さん(バイレ)の三位一体となったソレポル! いや〜〜〜、それまで眠くて死にそうだった(けして退屈だったわけではない。原稿修羅場中のわたくしの体力が限界だったのです)のが、ぴかーんと目が冴え渡ってしまったもの!
あと良かったのは、やはりソレア・ポル・ブレリア(できればソレアとか観たいけど)踊られた松本千晶さんとか。

こ〜自分に集中してるなってタイプの踊り手さんに、やっぱり目がいきますね。
でも、ああいう大舞台で自分に集中する、音楽に集中するって、とっても難しいと思うんです。だからこそみんな必死に繰り返し練習するんだけど、完璧に踊れるくらいにがんばっても、舞台では完璧にはいかなかったりいろいろ起こります。残酷で厳しい。

ともかくも今年も行けて良かったです。
フラメンコ、やっぱり心から好きだなあああ! って思うのと同時に、フラメンコの一曲って、小説と同じだなっていう思いをまた深くしました。
起承転結、小説のような展開がある、ドラマがある。
まさにそれが、私をいつまでもいつまでもフラメンコに惹きつけて放さない魅力なのだと思います。
フラメンコ万歳!
 
フラメンコ : - : -
: 1/25 : >>